インプラントと入れ歯、ブリッジの価格差

インプラントは、歯科治療でも自由診療とされており、健康保険が適用されません。
この治療のメリットとしては、安定性や耐久性、審美性がありますが、欠損した歯の治療として、入れ歯やブリッジなどの選択肢があるため、必要不可欠なものではないと認識されています。
また、保険診療には歯科医に制限がかかり、保険適応の範囲内の制限や、保険適用では採算がとれないなどの理由がありますが、自由診療であれば、設備や材料にコストをかけることができ、最善の治療を行うことができます。
保険適用がされるブリッジや義歯は、価格は安くなりますが、ブリッジでは10年以内に半分程度のものに再治療の可能性が起こることがあったり、義歯には5年以内に半数ほどが作り直しが必要になるという耐久性の低さや、残存歯への影響、コストパフォーマンスの低さなどデメリットもあります。

インプラントの治療費は、一般的に1本15万円から60万円と言われ、かなり幅がありますが、平均では30万円から45万円が相場です。
治療費は全額自己負担のため、歯科医が独自に価格を設定することができ、テナント料や広告費などの経費がかかる都市部は治療費も高額になる傾向にあります。
また、治療に使用される素材などの種類やメーカーによっても相場が変わり、海外メーカー製のものを使用すると相場も高くなり、国産メーカー製のものはパーツを簡素化していたり、医師の裁量権で海外メーカー製のものを個人輸入を行って料金を安くしているケースもあるようです。

インプラント治療に必要な治療費には、治療前に必要な検査費用として、事前カウンセリングやレントゲン検査、血液検査。手術費用として手術で使用する材料費、機材、手術費、治療に際し不安を取り除く目的などで麻酔や特殊な手術を行う場合の費用、薬代、2回法と呼ばれる治療法の場合の2次手術費用。手術度の経過観察費用、人工歯を造る際に必要な歯型取りの費用、セラミック人工歯代、術後管理にかかる定期検診の費用がかかります。

治療法としては高額と捉えられがちですが、入れ歯が合わなかったり、ブリッジにより土台の歯が虫歯になり再治療になるケースなどに比べると安く済むケースも多くなっており、入れ歯やブリッジの治療が保険外治療になってしまった場合は最適な治療になるのです。
入れ歯やブリッジなどに比べ、価格以外のデメリットが少なく、食事が美味しくでき、痛みや不快感に悩まされることのない治療法の方が価値があると言えるでしょう。